イヌリンの摂取方法 イヌリン(粉末)を購入したのですが、どのよう…イヌリン

菊芋 イヌリン錠剤とナイシトール。
どっちが効果あり?

ナイシトールZ

2018/4/7 12:00:22

下品な質問です…申し訳ないです。
ここ一ヶ月の間、朝昼晩ずっっとおにぎりばかり食べていたら、便が緑色になりました。
多分、おにぎりの海苔の部分かな?と思うのですが…大丈夫なんでしょうか。

便の色についてのご質問ですね。
早速ですが、回答していきたいと思います。
便の色には、黄色、白色、緑色、赤色、黒色など、さまざまな色の便がありますが、健康的で理想的な便の色は、一般的に黄色から黄色がかった褐色であるといわれています。
特段の病気がない場合、便の色の変化は、腸内に生息する腸内細菌によって影響を受けます。
腸内には、健康に有益なビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌と健康に害を及ぼす大腸菌などの悪玉菌が生息しています。
このうち善玉菌は、イヌリン食物繊維などのプレバイオティクを栄養源として取り込み繁殖しますが、その際に、酢酸、乳酸、酪酸などの有機酸が副産物として産生されます。
これらの有機酸は弱酸性物質ですので、腸内に善玉菌が優勢な場合、腸内環境は弱酸性下となって、便の色は黄色に近づくといわれています。
逆に、腸内に悪玉菌が多いと、腐敗発酵で生成したアンモニアなどの副産物によって、腸内環境はアルカリ性に傾くため、便の色は、濃い褐色から黒色に変化します。
便秘は、悪玉菌が優勢な腸内環境にあるため、便秘における便の色は、濃い褐色から黒色を呈することになります。
便秘で便の色が黒褐色系に変化するもう一つの理由があります。
健康な便の色は、黄色から黄色がかった褐色ですが、この色調は、胆汁に含まれるビリルビンという成分の着色に由来します。
酸素を運ぶ重要な役割を有する赤血球は、ヘモグロビンとよばれるタンパク質で構成されています。
ヘモグロビンは、通常のタンパク質とヘムとよばれる色素成分で構成されていますが、ビリルビンは、そのヘムの分解代謝産物で、黄色から緑色を呈する色素成分です。
このビリルビンは、赤血球の代謝回転によって生成し、胆汁や尿を介して体外に排泄されます。
尿の色が黄色であったり、病気で黄疸がでると黄色になるのは、このビリルビンの色素によるものです。
胆汁に排泄されたビリルビンは、便と混じり合った状態で排便されますが、便の色が黄色から黄色がかった褐色を呈するのはこのビリルビンの色素成分によるものです。
しかし、便秘で腸内に滞留するビリルビンの排泄が遅延すると、ビリルビンは酸化反応を受けて、濃い緑色へと変化します。
さらに、ビリルビンの酸化がすすみますと、濃い緑色から黒色系への色調に変化します。
すなわち、便秘ですと長時間にわたりビリルビンが腸内に滞留し、それによってビリルビンの酸化反応がすすみ、便の色が黒褐色に変化するということになります。
また、それと同時に、便やおならの臭いも悪臭となるのです。
参考になりましたら、幸いです。

2015/11/19 09:44:14

はあああ…な、なるほど!なんとなくわかりました…ええ。要約すると、人体の不思議ってことですね…ありがとうございます!>

この問題の解き方と答えを教えてほしいです!

尿中に出ないタンパク質とグルコース以外の成分は、尿中の濃度÷原尿中の濃度=濃縮率になります。
クレアチニン:0.075÷0.001=75倍尿酸:0.05÷0.004=12.5倍尿素:2.00÷0.03=66.6…≒67倍イヌリン:3.00÷0.025=120倍この結果より(1)と(2)は、(1)①クレアチニン、②75倍(2)120倍また、再吸収されないイヌリンの濃縮率が120倍ということは、ろ過された原尿は尿の120倍になるので、尿が1日1.5lなら原尿は1.5×120=180?です。
(3)180?

2017/8/2 12:00:16

生物基礎の腎臓の計算わからないので教えてください「イヌリンの血しょう中での濃度が0.1mg/ml、尿中での濃度が12.0mg/ml、尿素の血しょう中での濃度が0.3mg/ml、尿中での濃度が20.0mg/ml、1日での尿量を1500mlとすると、1日で再吸収された尿素は何mgか。
」という問題です。
わかる方教えてください。
お願いします。

まず一日に生成される原尿量を求めます。
それにはイヌリンの項目を使います。
血しょう0.1×尿中12.0で濃度が120倍になってることがわかりますね。
120×1.5L(1日の尿量)で180、つまり一日の原尿量は180Lです。
つぎに尿素の項目です。
さっき出した1日の原尿量を使って0.3×180で54mg次に1日の尿量の1500mlを使って20×1.5で30mg答え同士を引き算して、54-30で241日で再吸収された尿素は24mgではないでしょうか。
間違ってたらごめんなさい。

2016/11/18 15:26:27

生物1の腎臓の問題について教えてください。
イヌリンは、腎臓でボーマンのうにこし出されるが吸収されず、すべて尿中に排出される。
イヌリンを静脈注射したところ、血しょう中の濃度は0.1%てあり、尿中で12.0%だった。
一日の尿量を1.5lとすると、ボーマンのうにこし出された原尿量は一日あたり何lか。
以上が問題です。
回答よろしくおねがいします。

糸球体で濾過された原尿は一日150Lほど作られると言われてますが、ブドウ糖やアミノ酸など必要な成分を含むため、その後の尿細管などで再吸収が行われます。
また水分の99%は再吸収されます。
再吸収は物質によって全くされず全て尿中に排泄されるもの(イヌリンなど)一部が再吸収されるもの(尿素など)、全てが再吸収されるもの(ブドウ糖など)があります。
まず濃縮率を求める0.1%が12%になったので 12/0.1=120 濃縮率は120倍再吸収されずに全部排泄されるので、濃縮率x尿量=原尿の量になります1.5×120=180L となります

2012/3/13 05:55:03

教えてください!明後日のテストで出るんです!授業でも髪を配られただけで教えられてません、!

「授業でも髪(紙)を配られただけで教えられてません」にわかには信じられないが、イヌリンの濃縮率から原尿量を計算して求める求め方の説明もなかったのだろうか?(1)イヌリンの濃縮率が125倍なので、原尿は尿の125倍の量があった。
(2)原尿量が分かれば、血しょう中と原尿中の尿素の濃度は同じなので、ろ過されて原尿に含まれる尿素の量も求められる。
(3)原尿中の尿素の量が分かるので、それから尿中に含まれて排出された尿素の量を引いた値が、再吸収された尿素の量。
(4)尿中にグルコースが含まれるようになるのは、グルコースを最大限吸収しても吸収しきれていないから。
つまり血しょう中のグルコース濃度が3、4,5のどこで計算しても同じ結果になる。
原尿中に含まれるグルコース量から、尿中に含まれるグルコース量を引けば良い。

2016/10/2 15:52:05

緑色のうんこが出たのは、なぜなんでしょうか?体に影響してるのでしょうか?汚い質問ですみません。

便の色についてのご質問ですね。
早速ですが、回答していきたいと思います。
便の色には、黄色、白色、緑色、赤色、黒色など、さまざまな色の便がありますが、健康的で理想的な便の色は、一般的に黄色から黄色がかった褐色であるといわれています。
特段の病気がない場合、便の色の変化は、腸内に生息する腸内細菌によって影響を受けます。
腸内には、健康に有益なビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌と健康に害を及ぼす大腸菌などの悪玉菌が生息しています。
このうち善玉菌は、イヌリン食物繊維などのプレバイオティクを栄養源として取り込み繁殖しますが、その際に、酢酸、乳酸、酪酸などの有機酸が副産物として産生されます。
これらの有機酸は弱酸性物質ですので、腸内に善玉菌が優勢な場合、腸内環境は弱酸性下となって、便の色は黄色に近づくといわれています。
逆に、腸内に悪玉菌が多いと、腐敗発酵で生成したアンモニアなどの副産物によって、腸内環境はアルカリ性に傾くため、便の色は、濃い褐色から黒色に変化します。
便秘は、悪玉菌が優勢な腸内環境にあるため、便秘における便の色は、濃い褐色から黒色を呈することになります。
便秘で便の色が黒褐色系に変化するもう一つの理由があります。
健康な便の色は、黄色から黄色がかった褐色ですが、この色調は、胆汁に含まれるビリルビンという成分の着色に由来します。
酸素を運ぶ重要な役割を有する赤血球は、ヘモグロビンとよばれるタンパク質で構成されています。
ヘモグロビンは、通常のタンパク質とヘムとよばれる色素成分で構成されていますが、ビリルビンは、そのヘムの分解代謝産物で、黄色から緑色を呈する色素成分です。
このビリルビンは、赤血球の代謝回転によって生成し、胆汁や尿を介して体外に排泄されます。
尿の色が黄色であったり、病気で黄疸がでると黄色になるのは、このビリルビンの色素によるものです。
胆汁に排泄されたビリルビンは、便と混じり合った状態で排便されますが、便の色が黄色から黄色がかった褐色を呈するのはこのビリルビンの色素成分によるものです。
しかし、便秘で腸内に滞留するビリルビンの排泄が遅延すると、ビリルビンは酸化反応を受けて、濃い緑色へと変化します。
さらに、ビリルビンの酸化がすすみますと、濃い緑色から黒色系への色調に変化します。
すなわち、便秘ですと長時間にわたりビリルビンが腸内に滞留し、それによってビリルビンの酸化反応がすすみ、便の色が黒褐色に変化するということになります。
また、それと同時に、便やおならの臭いも悪臭となるのです。
参考になりましたら、幸いです。

2015/12/2 21:04:25

生物基礎の問題です。
解き方を教えてください。

イヌリンの濃縮倍率を使って解きます。

2017/10/28 21:57:21

実際のところラフィノース(オリゴ糖)はアトピーにいいんでしょうか?アトピーが酷いのでラフィノース(カイテキ○○○)を飲み始めて2週目です。
腸内環境を整えてアトピーを治す考えにはとても賛同してます。
ラフィノースを調べると、皮膚科の先生が医学論文出してたりで(2つだけですが・・)、ラフィノースがアトピーにいいって内容の体験談も多いみたいです。
ただ「(決定的に)いい!」「痒み無くなった!」的な記述は見つかりませんでした・・。
気になります。
他にも気になる点は「ラフィノースでビフィズス菌が増えてよくなる」みたいな記述が多々あることです。
同じように腸内環境を改善してアトピーを良くするビオチン療法関連のサイトには、ビフィズス菌は痒みや炎症を防いでくれるビオチンを大量に消費する菌だから、「アトピーにはむしろ悪い」とあります。
果たして、このままラフィノース(カイテキ)を続けて大丈夫なんでしょうか?ビオチン欠乏症になったりしないでしょうか?カイテキ~に関して「あまり効かない」的な体験談が極端に少ないことも気になります。
客観的、分析的な回答を是非お願いします。

某それなりの大学でビフィズス菌がアトピーに良いという研究をやっていましたよ。
マウスを使って人工的にちょっぴりアトピーを起こしてアレルギー薬とビフィズス菌を比較するものでした。
効果が無いか有るかは多少個人差があるため一概に、良いとも悪いとも言えない所があるんじゃないかと思います。
私もアトピーがあまりに酷い時はオリゴ糖で軽減していましたが、治ってくると逆に軽くかゆくなるという体質の変化がありました。
あまり心配ならビオチン療法で使う医薬品ミヤリサンを飲んだり、米国輸入か日本のビオチンを飲む事に切り替えたら良いと思います。
更に安く腸内環境改善するなら、水溶性食物繊維イヌリンがお勧めです。
楽天で安く扱ってる店があります。
500gメール便可で1500円くらいです。
1日5~10gです。
カイテキオ○ゴを調べてみましたが、1月あたりに2980円は高めの商品だと思います。
楽天市場で扱いがあり、レビューというクチコミが千件を越えていますので、参考になるものもあろうかと思います。
また、厳しい意見かもしれませんが個人的に、商品感想を尋ねる時は伏せ字にしない方が意見が集まりやすいと思います。

2011/12/23 21:45:32

イヌリンの摂取方法 イヌリン(粉末)を購入したのですが、どのように摂取するのが効率がいいのでしょうか? 美肌が目的です!!

わたしもイヌリン食物繊維サプリメントを使っていますが、使っているのはタブレット・タイプです。
粉末タイプは水などに溶かさないと飲めないので不便です。
わたしは、美肌のため粒タイプのイヌリンを朝夕各6粒飲んでいます。
1日2~3回にわけて飲むのが最も効果的です。

2011/12/25 07:11:28

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする